このページは、Internet Explorer 8 以下のバージョンには対応しておりません。

申し訳ございませんが、Internet Explorer 9 以上のバージョンでもう一度試してください。

機能追加

お客様から次のような問い合わせを受けたことがあります。

古くから使用しているアプリケーションで、今となっては C:\Centura というフォルダにあるアプリケーションであることしかわからない。 機能追加しようにも、ソースは見つけたが仕様書は見当たらない。機能追加をお願い出来るのか?
Centura という名前から、新しい製品名が Team Developer 名であることがわかり、連絡をいただいたようでした。 (ソースやドキュメントは無いが、機能追加やアップデート出来ないかと聞かれたこともありましたが...)

該当するソースコード (*.apt, *.app, *.apl など) があれば、仕様書などのドキュメントが無くても機能追加・修正や、最新の Team Developer へアップグレードを行うことができます。 もちろん、ドキュメントがあった方が作業をスムーズに進めることができ、少ない工数で終えることができます。

Team Developer (Centura, SQLWindows) で作られたアプリケーションへの機能追加・修正でこの様な経験があります。

  • 販売製品が増えたことによる、各画面への機能追加
  • 体制変更に伴う、マスター画面とフローの修正
  • 他システムとの連携機能追加
  • 新機能を使った機能拡張
  • Web アプリケーションとの連携 (Web アプリケーションの作成も含む)
  • 帳票への QR コード追加
  • 帳票ツールの変更 (MyOv から Report Builder)
  • 分析用グラフ画面追加
  • 利用データベースのアップグレードに対する修正 (SQL Server 6.5 から 2017)
  • 新元号(令和) 対応、新消費税対応

機能追加

技術者育成

開発ツールを使用できる技術者がいないといったご要望にもお応えすることが出来ます。 また、貴社技術者と一緒に改修や機能追加を行うことにより、Team Developer 開発スキルを身に着けていただくことが出来ます。

(※) 開発当時に使っていた Centura や SQLWindows、Team Developer などの開発ツールをお持ちでない場合は、最新の Team Developer へアップグレード後でないと機能追加できない場合があります。